11月の問い合わせBEST3

よくある問い合わせを毎月ピックアップするコーナーです。

Q1. Windows年末調整バックアップの取り方について

   A . 1.年末調整プログラムを起動します。

      2.処理選択画面で「9.その他」を選択。

      3.「バックアップ」を選択後、会社コードの指定をします。

        このとき、何も入力をせずにENTERを押すと全コードを指定できます。

       4.保存する年度を確認して、データ区分は「1.保存」を選択して下さい。

       5.新規に上書き、データ確認は「1.する」を選択します。

       6.保存データの格納位置は保存する場所を指定して下さい。

        例:フロッピードライブ A:¥

          ハードディスク C:¥     など

      7.「処理開始」を選択して、確認画面で「実行」ボタンを押して下さい。

      8.「処理が終了しました」の画面表示がされたら終了です。

        ※時間が経過しても終了画面が表示されない場合、Alt+Tabキー

          で画面が後ろに隠れていないか確認して下さい。

      

      詳しくはサポートページの 『取扱説明書』より「年末調整プログラム」 をご参照下さい。     

        http://www.ss.tatemura.com/

      

Q2. LX地方税申告書の6号様式 28利子割りの入力について

   A. 28 利子割額 は第6号様式別表4-4、5の③より転記し、

     無い場合は法人税別表5-2、8の②より転記します。

     なお、上段の金額を優先して計算します。控除しない場合

     上段に0を入力することで対応できます。          

     

      詳しくはサポートページの 『取扱説明書』より「法人税申告書Ⅱ~地方税編~」

      をご参照下さい。

      http://www.ss.tatemura.com/ 

Q3. 株主資本等変動計算書の印刷方法について

    A . ① F7の[53]法人決算書

        ② F9の[1160]変動計算&注記表

        の2つの方法があります。

 

      詳しくはサポートページの『取扱説明書』より「F7帳票出力」をご参照下さい。

      http://www.ss.tatemura.com/ 

<!–

–>

<!– –>

Posted in Q&A